児童発達支援の役割

  1. 障害のある子どもに対し、日常生活における基本的な動作の指導知識技能の付与集団生活への適応訓練その他の便宜を提供します。
     
  2. 個々の障害の状態及び発達の過程・特性等に応じた発達上の課題を達成させていくための本人への発達支援を行います。
     
  3. 子どもの発達の基盤となる家族への支援に努めます。
     
  4. 地域社会への参加・包容(インクルージョン)を推進するため、保育所、認定こども園、幼稚園、小学校、特別支援学校(主に幼稚部及び小学部)等(以下「保育所等」という)と連携を図りながら支援を行うとともに、専門的な知識・経験に基づき、保育所等の後方支援に努めます。
     
  5. 児童発達支援の目的を達成するため、専門性を有する職員が、保護者や地域の様々な社会資源との密接な連携のもとで、障害のある子どもの状態などを踏まえて支援を行います。